日本の江戸時代 : 舞台に上がった百姓たち

田中圭一 著

武士は土地を失なってサラリーマン。百姓は土地を私有し、売買し、商売の資本にもした。E.H.ノーマン以来の江戸封建論、農民窮乏論をくつがえし、百姓の活躍する江戸近代史論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 時代転換の契機-金銀山と田畑の開発
  • 第2部 領有から私有へ-検地・五公・定免
  • 第3部 変化する幕府法令-「御触書」と『御触書集成』
  • 第4部 近代の創造-民衆の自由と生産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の江戸時代 : 舞台に上がった百姓たち
著作者等 田中 圭一
書名ヨミ ニホン ノ エド ジダイ : ブタイ ニ アガッタ ヒャクショウタチ
書名別名 Nihon no edo jidai
シリーズ名 刀水歴史全書 50
出版元 刀水書房
刊行年月 1999.3
ページ数 259p
大きさ 20cm
ISBN 4887082339
NCID BA4041424X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想