島の時間

赤瀬川原平 著

暑くて、だるくて、爽快で、気の遠くなるような島の大気の中で、時間は尺度を忘れ、生と死は反転し、過去と現在が融け合う。九州・沖縄の島々の人と自然に出会い、不思議な島の時間に触れる旅のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 韓国にいちばん近い島-対馬
  • お言わずの島-沖ノ島
  • 水イカの生きている島-五島
  • 樹齢七千年の生きる島-屋久島
  • 飛び道具の島-種子島
  • 緑のパンチパーマをかけた島-奄美大島
  • 西方浄土の島-西表島
  • 日本最西端の島-与那国島
  • 風水明媚な沖縄首里城-沖縄本島
  • 真珠買いの集まる島-対馬〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島の時間
著作者等 赤瀬川 原平
書名ヨミ シマ ノ ジカン : キュウシュウ オキナワ ナゾ ノ ハジマリ
書名別名 九州・沖縄謎の始まり
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1999.3
ページ数 231p
大きさ 16cm
ISBN 4582762832
NCID BA40377799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99080412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想