運動と生体諸機能 : 適応と可逆性

森谷敏夫 編著

本書は、身体運動(acute and chronic)の力学的、神経生理学的、エネルギー代謝的、生化学的刺激が生体諸機能にどのような適応をもたらすのか、また、退化的順応を呈した生体諸機能の可逆性について最新の文献的レビューをもとにまとめたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 運動と生体諸機能の適応(骨格筋細胞の適応
  • 心筋の適応
  • 呼吸循環システムの適応
  • 神経・筋システムの適応 ほか)
  • 2 運動と生体諸機能の可逆性(骨格筋萎縮の可逆性
  • 心筋の可逆性
  • 糖代謝の可逆性
  • 肥満の可逆性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 運動と生体諸機能 : 適応と可逆性
著作者等 森谷 敏夫
書名ヨミ ウンドウ ト セイタイ ショキノウ : テキオウ ト カギャクセイ
出版元 ナップ
刊行年月 1999.2
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 4931411096
NCID BA4034126X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想