家族社会学入門 : 家族研究の理論と技法

野々山久也, 渡辺秀樹 編著

実証研究の成果にもとづいた入門書、概論書。それぞれの分野・領域の、また内外の理論、問題を整理、紹介し、基礎的概念、タームの定義を確定、それにもとづいて、おもに日本社会(海外研究もふくまれています)の解明、研究を中心に、具体的にどのようにきりこんでいくかを明らかにした。基礎的な統計、白書、文献については、巻末にまとめて掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族研究の系譜と概観(家族研究における理論展開-総括と展望
  • 家族変動への諸アプローチ ほか)
  • 2 家族システムへの接近(家族発達的研究-家族周期、ライフサイクル、ライフコース
  • 家族史の方法としての歴史人口学 ほか)
  • 3 家族の内部過程への接近(夫婦関係研究における三つのパースペクティブ
  • 親子関係研究の展開と課題)
  • 4 文献解題(家族の実証研究と技法
  • 家族の理論研究とその枠組み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族社会学入門 : 家族研究の理論と技法
著作者等 渡辺 秀樹
渡邊 秀樹
野々山 久也
書名ヨミ カゾク シャカイガク ニュウモン : カゾク ケンキュウ ノ リロン ト ギホウ
シリーズ名 社会学研究シリーズ : 理論と技法 1
出版元 文化書房博文社
刊行年月 1999.2
ページ数 308p
大きさ 19cm
ISBN 4830108681
NCID BA40320088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想