こんな体、大きらい! : 拒食と過食のメモワール

マーリャ・ホーンバッカー 著 ; 屋代通子 訳

9歳で過食嘔吐が始まり、15歳で拒食症にもなり、入退院を繰り返した女性マーリャ。彼女を体重24キロ、死の一歩手前まで行かせた「痩せ」とはいったい何か?そこから抜けだす道はあるのか?痩せたい心理が感性鋭い少女に芽ばえ、摂食障害とともに成長、自らの生き方を発見するまでを描いた23歳の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幼年時代-1974年〜82年
  • 2 過食の時代-1982年〜89年 ミネソタ
  • 3 女優の時代-1989年〜90年 ミシガン
  • 4 メソジスト病院一回目(テイク・ワン)-1990年夏
  • 5 「ペルセポネーもその声のみ聞こえ」-1990年〜91年 カリフォルニア
  • 6 監禁-1991年 ミネアポリス
  • 7 「ゴドーを待ちながら」-1991年〜92年 ミネアポリス
  • 8 「死もまた芸術」-1992年〜93年 ワシントンDC

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こんな体、大きらい! : 拒食と過食のメモワール
著作者等 Hornbacher, Marya
屋代 通子
Hornbacher‐Beard Marya
ホーンバッカー マーリャ
書名ヨミ コンナ カラダ ダイキライ : キョショク ト カショク ノ メモワール
書名別名 Wasted
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1999.2
ページ数 378p
大きさ 20cm
ISBN 4140804122
NCID BA40287674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20041540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想