18世紀フランスの法と正義

石井三記 著

ヴォルテールの関与した冤罪事件、ベッカリーアの『犯罪と刑罰』の運命、陪審裁判や死刑廃止の議論など、啓蒙から革命までの刑法改革の潮流を、制度・事件・思想・法曹等の多様な視角から描き、底流をなす法観念の転換を析出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 法制史的背景
  • 第2章 カラス事件
  • 第3章 シルヴァン事件
  • 第4章 ラ・バール事件
  • 第5章 ベッカリーアのユスティティア
  • 第6章 ヴォルテールと刑法改革思潮の展開
  • 第7章 刑法学者ミュイヤール・ド・ヴーグラン
  • 第8章 フランス啓蒙期の「陪審制」論
  • 第9章 フランス革命と刑法空間の変容
  • 第10章 フランス革命期の法学教育・司法制度・法曹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 18世紀フランスの法と正義
著作者等 石井 三記
書名ヨミ 18セイキ フランス ノ ホウ ト セイギ
書名別名 18seiki furansu no ho to seigi
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 1999.2
ページ数 303, 62p
大きさ 22cm
ISBN 4815803595
NCID BA40286296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想