ミクロ統計データの描く社会経済像

松田芳郎 著

ミクロ統計データの利用の必要性が声高に叫ばれ、利用への路を切り開く試みが為されるにつれて、ミクロ統計データ利用の基礎知識である統計データの生成過程、特に統計調査についての基本的知識が統計研究者の間で共有されなければならなくなってきている。本書では、統計データとその解析とを論じた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 統計行政の新中長期構想-統計学発展の視点から見た官庁統計体系の見直し(1970年代から1980年代に至る統計行政
  • 「統計行政の新中長期構想」 ほか)
  • 第1部 調査統計から統計データへの変換(調査統計と調査機構
  • 調査統計相互の関係-調査体系 ほか)
  • 第2部 ミクロ・データ管理の技法と実態(データ・リンケージ手法の現状と問題点
  • 母集団管理とビジネス・フレーム ほか)
  • 補論 データ・チェックの標準的技法(政府統計とデータ・チェック
  • 統計調査の各段階におけるチェック ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミクロ統計データの描く社会経済像
著作者等 松田 芳郎
書名ヨミ ミクロ トウケイ データ ノ エガク シャカイ ケイザイゾウ
書名別名 Mikuro tokei deta no egaku shakai keizaizo
出版元 日本評論社
刊行年月 1999.2
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4535551189
NCID BA40278902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99073878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想