アジア新時代の日本企業 : 中国に展開する雄飛型企業

関満博 著

国内ではバブル崩壊の痛手から脱出できず、輝かしい未来を予感させたアジア型発展モデルも限界を指摘されて、多くの企業はアジアとの関連のなかで自らの位置を定めかねている。こうした状況のなかで果敢にアジアに、とりわけ中国に進出する企業はどのような戦略を抱いているのか。上海、大連、重慶で、輸出生産拠点から現地化、国産化へとシフトしつつ展開する進出企業の実態を詳細に追い、技術ネットワークの新たな方向を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジア雄飛型企業の登場
  • 第2章 「安くて豊富な労働力」を求めて-80年代型の進出を振り返る
  • 第3章 90年代以降の大きな変化-「上海」の時代
  • 第4章 進出の10年と将来-「大連」にみる定着の兆し
  • 第5章 21世紀の新たな可能性-内陸開発と「重慶」の存在感
  • 第6章 転換期にあるアジア、中国戦略-三峡ダムプロジェクトの敗退から学ぶもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア新時代の日本企業 : 中国に展開する雄飛型企業
著作者等 関 満博
書名ヨミ アジア シンジダイ ノ ニホン キギョウ : チュウゴク ニ テンカイスル ユウヒガタ キギョウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.2
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 412101460X
NCID BA40185211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想