官僚たちの縄張り

川北隆雄 著

霞が関のエリート官僚はなぜ、いつも失敗し、腐敗するのか。政策を誤って日本経済を衰弱させただけではない。大蔵、厚生省汚職、防衛庁事件、そのほか官僚腐敗の実例は、限りがない。それは、官僚機構の本質的な無責任性に起因する。官僚たちは事実上の政策決定、つまり政治を執り行いながら、最後は、「われわれは役人にすぎない」と逃げるのだ。本書は数多くのデータを示しながら、霞が関の行動原理をあらゆる角度から解剖した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 政と官
  • 第2章 行革は権力闘争
  • 第3章 日本の官僚機構
  • 第4章 官僚とは何か
  • 第5章 官僚たちのキャリア
  • 第6章 官僚たちの縄張り
  • 第7章 構造腐敗を生む大蔵支配体制
  • 第8章 「橋本行革」の行方
  • 第9章 官僚の病理は克服できるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 官僚たちの縄張り
著作者等 川北 隆雄
書名ヨミ カンリョウタチ ノ ナワバリ
書名別名 Kanryotachi no nawabari
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1999.2
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 4106005581
NCID BA40166625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99062075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想