近松文芸の研究

佐々木久春 著

本書は、主として近松門左衛門関係の論文二十一編を収めたものである。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 穂積以貫『経学要字箋』と近松浄瑠璃における義理・人情
  • 穂積以貫と近松門左衛門
  • 近松の虚実皮膜論
  • 穂積以貫『経学要字箋』における天-近松劇の死生観考察のために
  • 近松作品における「忠」の意味
  • 近松の時代浄瑠璃における義理
  • 近松浄瑠璃における美と人間-敵役と善悪
  • 近松浄瑠璃の原世界
  • 近松浄瑠璃の様式
  • 近松浄瑠璃の方法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p1
  • 穂積以貫『経学要字箋』と近松浄瑠璃における義理・人情 / p1
  • 穂積以貫と近松門左衛門 / p17
  • 近松の虚実皮膜論 / p31
  • 穂積以貫『経学要字箋』における天-近松劇の死生観考察のために / p45
  • 近松作品における「忠」の意味 / p57
  • 近松の時代浄瑠璃における義理 / p71
  • 近松浄瑠璃における美と人間-敵役と善悪 / p89
  • 近松浄瑠璃の原世界 / p105
  • 近松浄瑠璃の様式 / p121
  • 近松浄瑠璃の方法 / p141
  • 死と愛-「曾根崎心中」を支えるもの / p157
  • 近松世話物もう一つの原型-「薩摩歌」をめぐって / p167
  • 近松世話物第三作「心中二枚絵草紙」について / p185
  • 愚かな神々の世界-近松「心中天の網島」における聖と俗 / p207
  • 近松初期浄瑠璃の戯曲構造 / p223
  • 近松世話浄瑠璃の戯曲構造 / p261
  • 近松歌舞伎の戯曲的構造-お家物について / p277
  • 近松と海音の浄瑠璃における涙 / p295
  • 近松と海音の浄瑠璃 / p311
  • 芸能論への視点 / p339
  • 近松浄瑠璃における「忠」 / p359
  • 初出一覧 / p393
  • あとがき / p395

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近松文芸の研究
著作者等 佐々木 久春
書名ヨミ チカマツ ブンゲイ ノ ケンキュウ
出版元 和泉書院
刊行年月 1999
ページ数 396p
大きさ 22cm
ISBN 4870889579
NCID BA40163161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99073574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想