異端と反逆の思想史 : 近代日本における革命と維新

岡崎正道 著

吉田松陰、西郷隆盛、北一輝、大杉栄ら近代日本の体制と切り結んだ9人の活動家たちの思索と実践を、政治的傾向に囚われることなく、等しくその著作から捉え直し、思想史上に位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幕末の危機と吉田松陰
  • 第2章 真木和泉の討幕思想
  • 第3章 横井小楠の理想主義
  • 第4章 西郷隆盛における維新と国家
  • 第5章 権藤成卿の社稷国家論
  • 第6章 宮崎滔天-アジア解放と共栄楽土の夢
  • 第7章 魔王の相貌
  • 第8章 大杉栄-国家・社会「秩序」への挑戦
  • 第9章 八太舟三の無政府共産主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異端と反逆の思想史 : 近代日本における革命と維新
著作者等 岡崎 正道
書名ヨミ イタン ト ハンギャク ノ シソウシ : キンダイ ニホン ニ オケル カクメイ ト イシン
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1999.1
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4831508691
NCID BA40140483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99065705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想