横井小楠 : その思想と行動

三上一夫 著

内憂外患の中で、儒学倫理をもとに「世界の中の日本」を構想し、近代化の論策を編み出した政治思想家。松平春岳・橋本左内・坂本竜馬らとの交遊を交え、非業の最期に至る波瀾の生涯を、幕末社会にダイナミックに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 実学への取り組み
  • 福井藩へ
  • 幕政改革に意欲
  • 維新政府へ
  • 近代日本への啓発力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 横井小楠 : その思想と行動
著作者等 三上 一夫
書名ヨミ ヨコイ ショウナン : ソノ シソウ ト コウドウ
書名別名 Yokoi shonan
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 62
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.3
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 4642054626
NCID BA40137616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想