子育てと出会うとき

大日向雅美 著

育児はすばらしい経験であり、多くの喜びと発見を分かち合う営みだが、なぜ母親だけが犠牲になり、生活の全てを子育てに捧げねばならないのか。子どもが可愛く思えないときもある。社会で働く夫に比べて、自分だけ取り残され、子育てに束縛されていらいらするときもある。しかし、母性への幻想が女性の桎梏となり、行き場のない不全感、閉塞感に苛まれ、自分を見失ってしまいそうな人が増えている。本書は六千人の聞き取り調査をはじめ積年の母性研究の成果から、子育ての実態と母親の苛立ちに迫り、母子と社会とのつながりのネットワークや、男と女が仕事と家庭を、対等に担う新たな子育てを模索する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子育てに虚しさを感じるとき-母親たちの声から(今どきの母親症候群
  • 互いに孤独な夫と母親たち
  • 子育ては母親の至福の喜びか?
  • 母性神話からの解放と未成熟な父母たち)
  • 第2部 再び、子育てと出会うとき(母性神話にふりまわされないために
  • 新しい子育てを求めて-子育てを孤立させないために
  • 性を超えた子育ての時代に-若い世代に送るメッセージ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子育てと出会うとき
著作者等 大日向 雅美
書名ヨミ コソダテ ト デアウ トキ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1999.2
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4140018526
NCID BA40127124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20041534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想