富国強馬 : ウマからみた近代日本

武市銀治郎 著

より速く、より強く、より逞しく!ウマの改良は、新興日本が総力を挙げた国家的大事業だった。欧米列強に負けぬ軍馬をつくるべく、筆舌につくしがたい努力を重ねた人びと。種馬の輸入から今日の競馬の繁栄に至る、人馬一体、百年の夢の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 維新以前
  • 第2章 帝国陸軍の誕生と馬
  • 第3章 日露戦争と第一次世界大戦
  • 第4章 優駿の夢
  • 第5章 日本競馬事始
  • 第6章 戦時体制下の馬
  • 第7章 馬への愛は生きつづける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 富国強馬 : ウマからみた近代日本
著作者等 武市 銀治郎
書名ヨミ フコク キョウバ : ウマ カラ ミタ キンダイ ニホン
シリーズ名 講談社選書メチエ 149
出版元 講談社
刊行年月 1999.2
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4062581493
NCID BA40094794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想