詩人その生の軌跡 : 高村光太郎・釋迢空・淺野晃・伊東静雄・西垣脩

高橋渡 著

詩人の内面に湧きたつ生の意識が、いかに時代と現実に拮抗しておのれの言語世界を生成したのか、個性の独自な宿命に生きた五人の詩塊に迫り、その詩心のありかを尋ねることで、現代と現代詩に欠落するものを問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高村光太郎(詩人の出発
  • 智恵子抄 二、三の注)
  • 釈迢空(「おくび」の背景
  • 「水中の友」を巡って)
  • 浅野晃(勇払の時代
  • 『青墓の処女』を読む)
  • 伊東静雄(『哀歌』への道程
  • 『哀歌』からの転位
  • 『春のいそぎ』を巡って
  • 「小さい手帖から」を巡って)
  • 西垣脩(戦中派の詩精神
  • 聖家族の世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩人その生の軌跡 : 高村光太郎・釋迢空・淺野晃・伊東静雄・西垣脩
著作者等 高橋 渡
書名ヨミ シジン ソノ セイ ノ キセキ : タカムラ コウタロウ シャク チョウクウ アサノ アキラ イトウ シズオ ニシガキ オサム
シリーズ名 現代詩人論叢書 13
出版元 土曜美術社出版
刊行年月 1999.2
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4812007534
NCID BA40072532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想