正義論概説

森末伸行 著

この本の内容は、前半が、正義を考えるための準備と、それを兼ねて昔の偉い人がいっていたことの整理であり、後半が、フリー・マーケット・システム(団地の集会所の前で半年に一回やる「フリーマーケット」もこれのプリミティブ版だが、近代以降の社会の基盤にある「しくみ」)における正義を、自由と平等をキー・ワードに探っていく、という作業になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 法と正義-この世に正義はあるか
  • 2 正義と自然法-正義は客観的に実在するか
  • 3 正義論の系譜-正義とはなにか
  • 4 西洋正義論の源流-アリストテレスの正義論
  • 5 リベラリズムの正義論-ロールズと平等
  • 6 リバタリアニズムの正義論-ノージックと自由
  • 7 想像力の正義論-市場の論理と倫理を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正義論概説
著作者等 森末 伸行
森末 信行
書名ヨミ セイギロン ガイセツ
書名別名 Seigiron gaisetsu
シリーズ名 法哲学体系講義
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1999.1
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 4805701978
NCID BA4006920X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99058656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想