マーラー : 音楽観相学

テオドール・W.アドルノ 著 ; 龍村あや子 訳

もはや帰るべき故郷を持たず、理想や進歩を単純に信じ得ない、幾重にも疎外された歴史的主体の表現であり、否定性の彼方に「他なるもの」を体験させるマーラーの音楽世界。その精緻な作品分析によりマーラーの構想・イデー・技術を解き明かし、その現代性を見事に捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天幕とファンファーレ
  • 2 音調
  • 3 性格的要素
  • 4 小説
  • 5 ヴァリアンテ-形式
  • 6 技術の次元
  • 7 崩壊と肯定
  • 8 長きまなざし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マーラー : 音楽観相学
著作者等 Adorno, Theodor W.
竜村 あや子
アドルノ テオドール・W.
書名ヨミ マーラー : オンガク カンソウガク
書名別名 Mahler

Mara
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 628
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1999.2
ページ数 269, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4588006282
NCID BA40035977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99111837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想