長屋王

寺崎保弘 著

奈良時代の皇族政治家。政府の首班として権勢を振るうが、藤原氏の陰謀によって自尽に追込まれる。文化・知識人としても勝れ、和銅経・神亀経を残す。なぜ「長屋王の変」は起きたのか。邸宅跡の発掘に立会った著者が、出土した大量の木簡や資料を基に政変の真相を探り、王家の生活を復元。これまでの研究史と最新の研究成果を活かして生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 長屋王の誕生まで
  • 第2 大納言まで
  • 第3 長屋王の邸宅
  • 第4 長屋王家木簡の概要
  • 第5 長屋王家の生活
  • 第6 長屋王の変
  • 結 長屋王小伝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長屋王
著作者等 寺崎 保広
寺崎 保弘
日本歴史学会
書名ヨミ ナガヤオウ
シリーズ名 人物叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.2
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 4642052143
NCID BA40033097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99069686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想