世界美術大全集  東洋編 第15巻

田辺 勝美;前田 耕作【編】

先史時代から8世紀ごろまでの中央アジアの美術をおもに年代順に扱っている。扱うおもな地域は、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アフガニスタン、およびパキスタン北部、中華人民共和国の新疆ウイグル自治区、南ロシアと南シベリアである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 中央アジア美術の流れ
  • 第1章 先史時代と草原遊牧民の造形
  • 第2章 ギリシア美術の伝播と変容
  • 第3章 ササン朝美術の浸透と変貌
  • 第4章 西域南道と西域北道
  • テーマ特集(トロイアの木馬
  • 獅子座
  • 毘沙門天像の変遷
  • 獅子に乗るナナー女神
  • オルデンブルグ・コレクション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術大全集
著作者等 前田 耕作
田辺 勝美
書名ヨミ セカイ ビジュツ ダイゼンシュウ
書名別名 中央アジア

New history of world art
巻冊次 東洋編 第15巻
出版元 小学館
刊行年月 1999.3
ページ数 450p
大きさ 38cm
ISBN 4096010650
NCID BA40024653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99064718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中央アジア 田辺 勝美, 前田 耕作
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想