百姓一揆の時代

青木美智男 著

百姓一揆を組織し、たたかいに立ち上がる百姓が、どんな領主観を持ち、いかなる正当性を主張して結集したか、たたかいの方法などが検討され、そしてそれを社会や人々がどう受け止めたか、たたかいがどのようなかたちで継承されていったのか、等を検討。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 百姓一揆研究の軌跡
  • 第2章 百姓一揆史料論
  • 第3章 百姓一揆の歴史
  • 第4章 文化文政期の百姓一揆と村方騒動
  • 第5章 天保一揆論
  • 第6章 百姓一揆の周縁-訴訟と公事宿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百姓一揆の時代
著作者等 青木 美智男
書名ヨミ ヒャクショウ イッキ ノ ジダイ
書名別名 Hyakusho ikki no jidai
出版元 校倉書房
刊行年月 1999.1
ページ数 344p
大きさ 20cm
ISBN 4751729004
NCID BA39983882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想