シティバンクとメリルリンチ

財部誠一 著

全米最大の不良債権を抱えたシティバンク、巨額の赤字を計上したメリルリンチは、いかに苦境を乗り越え、世界のトップ企業となったか。日本の個人資産1200兆円市場を狙う両社の経営戦略を徹底解剖。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 不良債権に苦しんだシティバンクの復活
  • 2 死にかけたメリルリンチの再生
  • 3 メリルリンチは日本市場で何を狙うのか
  • 4 シティバンクは日本で受け入れられるか
  • 5 日本の不動産を買う外資の理
  • 6 シティとメリルを迎え撃つ日本の金融機関
  • 7 日本のリテール市場を制するのは誰か
  • 8 金融機関が提供するホスピタリティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シティバンクとメリルリンチ
著作者等 財部 誠一
書名ヨミ シティバンク ト メリル リンチ
書名別名 Shitibanku to meriru rinchi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1999.2
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4061494384
NCID BA39980319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想