小児看護過程&関連図 : 発達段階の特徴と疾患の理解から看護過程の展開を学ぶ

山口求 編集執筆

発達段階の特徴と疾患の理解から看護過程の展開を学ぶ、小児科の混合病棟化、臨地実習事例不足などの困難を打破する、小児看護の展開を手助けする待望の手引き書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新生児期(新生児生理的黄疸の看護
  • 肥厚性幽門狭窄症の看護 ほか)
  • 乳児期(口唇裂・口蓋裂の看護
  • 点頭てんかんの看護 ほか)
  • 幼児期(ファロー四徴症の看護
  • ネフローゼ症候群の看護 ほか)
  • 学童期(小児気管支喘息の看護
  • 上腕骨顆上骨折の看護 ほか)
  • 思春期(不登校(登校拒否)の看護
  • 神経性食思不振症の看護 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小児看護過程&関連図 : 発達段階の特徴と疾患の理解から看護過程の展開を学ぶ
著作者等 山口 求
酒井 ひろこ
書名ヨミ ショウニ カンゴ カテイ & カンレンズ : ハッタツ ダンカイ ノ トクチョウ ト シッカン ノ リカイ カラ カンゴ カテイ ノ テンカイ オ マナブ
出版元 日総研
刊行年月 1999.1
ページ数 438p
大きさ 26cm
ISBN 4890143394
NCID BA39970315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想