母性看護学

堀内成子 編著

対象理解の概念として、従来の母性看護学は「母となる性」を中心とした対象のとらえ方であったが、本書では、新しい生命の誕生を迎える「家族」に焦点があたっている。さらに、それを支える人間の根元的概念のヒューマン・セクシャリティをもうひとつの柱として構成。実践現場で出会う可能性のある事例をとり上げ、その援助の方向性を示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基本概念(対象理解のために必要な基本概念
  • 看護援助の方向づけを助ける基本概念)
  • 第2部 事例の展開(ヒューマン・セクシャリティ
  • リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母性看護学
著作者等 堀内 成子
有森 直子
中西 睦子
書名ヨミ ボセイ カンゴガク
シリーズ名 TACSシリーズ / 中西睦子 監修 9
出版元 建帛社
刊行年月 1999.1
ページ数 195p
大きさ 26cm
ISBN 4767934095
NCID BA39968120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想