国語史の中世論攷

坂詰力治 著

[目次]

  • 目次 / p5
  • 序文 / p1
  • 序言 / p1
  • 第一篇 中世前期の語彙・語法
  • 第一章『保元物語』『平治物語』の語彙論的考察 / p7
  • 第二章 法華百座聞書抄における助動詞 / p109
  • 第三章 中世語法より見た『発心集』-国語資料としての性格- / p127
  • 第四章 和漢混淆文としての『沙石集』について-漢語サ変動詞から見た和漢の混淆現象- / p147
  • 第五章 古典語のサ変動詞についての一考察-『沙石集』をとおして見た- / p163
  • 第六章『無名草子』における批評語としての形容詞・形容動詞 / p197
  • 第二篇 中世後期の語彙・語法
  • 第一章 室町時代における「こそ」の係り結び / p227
  • 第二章 室町時代における助詞「バシ」 / p251
  • 第三章 室町時代における副詞「必ズ」と「定メテ」をめぐって / p269
  • 第四章 中世語としての副詞「かまへて」 / p291
  • 第五章 接頭語「御」を冠した形容詞の敬譲表現-御伽草子を中心として- / p319
  • 第六章 御伽草子の形容詞-その語彙的変遷の過程を踏まえて- / p333
  • 第七章 御伽草子の美的表現-「うつくし」「いつくし」をめぐって- / p351
  • 第八章 御伽草子の文章 / p369
  • 第九章 国語史上における『長恨歌・琵琶行抄』 / p381
  • 第十章 『長恨歌・琵琶行抄』の謡彙 / p409
  • 第三篇 論語抄の国語学的考察
  • 第一章 書陵部蔵『魯論抄』の本文の考察 / p425
  • 第二章 国語資料としての書陵部蔵『魯論抄』 / p437
  • 第三章 表現形式より見た『論語抄』の文体の考察 / p483
  • 第四章 『論語抄』の漢文訓読語についての一考察 / p503
  • 第五章『論語抄』の動詞の語法(一) / p519
  • 第六章 『論語抄』の動詞の語法(二) / p547
  • 第七章 『論語抄』の待遇表現-敬語動詞を中心に- / p565
  • 第八章 『論語抄』の形容詞 / p587
  • 第四篇 鶏肋
  • 第一章 「とばかり(暫時)」考 / p607
  • 第二章 「しばらく(暫く)」考 / p629
  • 第三章 語誌類聚 / p645
  • 第四章 御物本『更級日記』における字音語の仮名表記 / p683
  • 第五章 伏見院宸翰本『松浦宮物語』の和語の仮名遣い / p697
  • 本書と既発表論文との関係 / p721
  • 後記 / p725
  • 索引 / p727

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国語史の中世論攷
著作者等 坂詰 力治
書名別名 国語史 中世 論攷
出版元 笠間書院
刊行年月 1999.1
ページ数 748p
大きさ 22cm
ISBN 4305103222
NCID BA39966023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99122831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想