抗生物質が効かない

平松啓一 著

本書は、最近バンコマイシン耐性のMRSA(VRSA)、腸球菌(VRE)などの出現で、再び注目されるようになった院内感染の現状について解説しています。院内感染は抗生物質の使用に伴う耐性菌の増加によりもたらされております。この耐性菌の問題は現代医療が抱えているもっとも厄介な世界共通の課題であり、とくにVRSA、VREはほとんど抗生物質が効かない多剤耐性病原菌として、今世界各国で対応方法が精力的に研究されています。現在の行き詰まった状況をどのようにしたら打開できるのか、私自身、この十年来考えてきたことをここで述べました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 再来した感染症の恐怖
  • 第2章 失われた最後の切り札
  • 第3章 史上最強の耐性菌MRSA
  • 第4章 ウルトラ耐性菌VREの出現!
  • 第5章 VREがついに日本上陸
  • 第6章 今、何が必要なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抗生物質が効かない
著作者等 平松 啓一
書名ヨミ コウセイ ブッシツ ガ キカナイ
出版元 集英社
刊行年月 1999.1
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4087811670
NCID BA39931379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99063581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想