自然はだれのものか : 「コモンズの悲劇」を超えて

秋道智彌 編

資源をめぐる「営み」から何を学ぶのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史のなかの共有地(先史採集社会のテリトリー-縄紋時代の大阪湾沿岸地域を例に
  • 中世の森と海
  • サケ資源の減少とナムギースの人びと)
  • 第2部 時間のなかの共有地(川はだれのものか-長良川の一世紀
  • 海と陸のはざまに生きる)
  • 第3部 コモンズと人類(海はだれのものか-白保・夜須・唐津の事例から
  • 熱帯林の憂鬱-森林の共同管理は可能か
  • クジラを語る-クジラの資源と所有をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然はだれのものか : 「コモンズの悲劇」を超えて
著作者等 秋道 智弥
田中 耕司
福井 勝義
書名ヨミ シゼン ワ ダレ ノ モノ カ : コモンズ ノ ヒゲキ オ コエテ
シリーズ名 講座人間と環境 / 福井勝義, 秋道智彌, 田中耕司 企画編集 第1巻
出版元 昭和堂
刊行年月 1999.1
ページ数 234, 3p
大きさ 21cm
ISBN 481229911X
NCID BA3979704X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99061336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想