フェニキア人

ゲルハルト・ヘルム 著 ; 関楠生 訳

アルファベット、古代紫を創った謎の海の遊牧民。彼らは何者か?歴史の彼方に消え去ってしまった足跡を追って著者は地中海の歴史を旅する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海に生きたベドウィン人
  • レバノン杉の森に接する都市
  • インドゲルマン語族の登場
  • オデュッセウスとアキレウス-フェニキア人の祖先
  • 彼らは人工の島に住んでいた
  • バール子息商会の設立と興隆
  • ソロモン王の商売
  • バールと息子たちとイスラエル
  • テュロスの娼婦
  • レバノンから世界の果てへ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フェニキア人
著作者等 Herm, Gerhard
関 楠生
ヘルム ゲルハルト
書名ヨミ フェニキアジン : コダイ カイヨウ ミンゾク ノ ナゾ
書名別名 Die Phönizier

古代海洋民族の謎
出版元 河出書房新社
刊行年月 1999.1
版表示 新装新版
ページ数 442p
大きさ 20cm
ISBN 4309223419
NCID BA39793504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99063588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想