子どものこころの病理とその治療

村田豊久 著

子どもの臨床心理学や児童精神医学の書物は今ではかなり出版されているが、一人の著者がさまざまな障害や疾患について記述したものは少ない。そして客観的な説明というより著者の個人的意見や願望を織りまぜて綴られたものはあまり見当たらない。そのようなことから、子どものこころの臨床家としての体験を折にふれ書いてきたもをまとめたもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 発達障害(非言語性の学習障害-無器用児(発達性失行児)について
  • いわゆる微細脳機能障害(MBD)について ほか)
  • 第2部 障害児の療育(自閉症児のグループ・プレイ・セラピィ
  • 障害児臨床の今日的課題 ほか)
  • 第3部 内因性精神病とよばれていた状態(児童思春期に発症しやすい障害-DSM‐4をめぐって
  • 若年発症の精神分裂病 ほか)
  • 第4部 子どもの神経症状態(子どもの神経症の日本的特徴
  • 森田理論からみた子どもの神経症)
  • 第5部 学校精神保健(不登校
  • いじめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どものこころの病理とその治療
著作者等 村田 豊久
書名ヨミ コドモ ノ ココロ ノ ビョウリ ト ソノ チリョウ
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1999.1
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 4873785790
NCID BA39741908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99065689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想