保田與重郎文芸論集

保田與重郎 著 ; 川村二郎 編

戦前日本の思想界に多大な影響を与えた日本浪曼派の主軸たる保田与重郎の文芸論集を川村二郎が編成。ドイツロマン派の関連からよく西洋を理解し、近代批判と裏返しの日本の古典にもよく通暁した批評家保田与重郎は、帝国主義日本の戦争協力者、御用文学者と批判されてきた。政治と文学の季節が終って、文学作品としての批評の真骨頂を収録。「日本の橋」「誰ケ袖屏風」など八篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の橋風
  • 大津皇子の像
  • 斎宮の琴の歌
  • 更級日記
  • 木曾冠者
  • 近世の唯美主義
  • 近代文芸の誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保田與重郎文芸論集
著作者等 保田 与重郎
川村 二郎
書名ヨミ ヤスダ ヨジュウロウ ブンゲイ ロンシュウ
書名別名 Yasuda yojuro bungei ronshu
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.1
ページ数 254p
大きさ 16cm
ISBN 4061976494
NCID BA39733433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99058073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想