グレゴリオ聖歌

ジャン・ド・ヴァロワ 著 ; 水嶋良雄 訳

ロマネスク寺院に鳴り響く、厳粛で深い宗教感にみちた音楽-グレゴリオ聖歌は、「ただひたすらな祈り」とともに歌い継がれてきた。本書は、教皇グレゴリウス一世により六世紀に集大成されたこの音楽の、起源や伝播経路・読譜解釈法などをわかりやすく解説。この久遠の音楽の魅力を徹底的に解剖している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 起源、枠組み
  • 伝承
  • 旋律の苗床
  • 詩編唱の諸段階
  • 聖務日課
  • 典礼書
  • トロープス、プローザ、セクエンツィア
  • グレゴリオ聖歌のリズム
  • アクセントとリズム、代用、クルスス、種々のカデンツァ
  • 賛歌〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グレゴリオ聖歌
著作者等 Valois, Jean de
水嶋 良雄
de Valois Jean
ド・ヴァロワ ジャン
書名ヨミ グレゴリオ セイカ
書名別名 Le chant grégorien

Guregorio seika
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1999.1
ページ数 172, 13p
大きさ 18cm
ISBN 4560058113
NCID BA39707604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想