ダーウィン,マルクス,ヴァーグナー

ジャック・バーザン [著] ; 野島秀勝 訳

今世紀の精神風土を今なお支配する三者の生涯と業績を検討してその呪縛を断ち、ロマン主義の復権による「人間」の回復をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物学革命(1859年-種の起源
  • 進化論の進化
  • スフィンクスに答えるダーウィン ほか)
  • 2 社会学命(1859年-政治経済学批判
  • いわゆる"空想社会主義者"たち
  • 理論体系の機構 ほか)
  • 3 芸術革命(1859年-トリスタンとイゾルデ
  • ロマン派音楽
  • "指環"と本 ほか)
  • 4 絶対の勝利
  • 相対性の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダーウィン,マルクス,ヴァーグナー
著作者等 Barzun, Jacques
野島 秀勝
バーザン ジャック
書名ヨミ ダーウィン マルクス ヴァーグナー : チテキ イサン ノ ヒハン
書名別名 Darwin,Marx,Wagner

知的遺産の批判

Dauin marukusu vaguna
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 633
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1999.1
ページ数 497, 21p
大きさ 20cm
ISBN 4588006339
NCID BA39660690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99063874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想