イスラームの生活と技術

佐藤次高 著

技術は生活の様式を変え、新しい文明の誕生を促す。イスラームの教えに接したアラブ人は、大征服以降、在来の学問や技術を実に熱心に学びとろうと努めた。イスラーム文化の驚異的な発展は、製紙技術の導入と改良の結果であったし、砂糖をふんだんに用いた豊かな食生活の出現は、高度な製糖技術の開発の賜にほかならなかった。本書は、イスラーム文明はどのような技術革新にもとづいて発展したのかを探る書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 技術・生活・文明
  • イスラーム世界の形成と技術革新
  • 知識と技術の伝達
  • 食生活の変容
  • 黒砂糖から白砂糖へ
  • 商品・薬・祭の品として
  • 砂糖商人の盛衰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラームの生活と技術
著作者等 佐藤 次高
書名ヨミ イスラーム ノ セイカツ ト ギジュツ
書名別名 Isuramu no seikatsu to gijutsu
シリーズ名 世界史リブレット 17
出版元 山川出版社
刊行年月 1999.1
ページ数 82p
大きさ 21cm
ISBN 4634341700
NCID BA39638771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想