日本近代都市の成立 : 1920・30年代の大阪

芝村篤樹 著

米騒動、スラム、公害、住宅問題、御堂筋地下鉄、都市専門官僚制、そして防空演習…そこには、都市のモダンを生みだす、とてつもないエネルギーが満ちていた。モダン大阪の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本近代都市史研究の現状と課題
  • 第1章 都市の近代化過程
  • 第2章 第一次世界大戦と大阪
  • 第3章 大都市行政構造の転換
  • 第4章 都市改造と行財政
  • 第5章 デモクラシー状況と市政
  • 第6章 都市と準戦時体制
  • 附論 都市における専門官僚制の形成
  • 第7章 関一の都市政策
  • 附論1 関一の普選観と政党政治観
  • 附論2 関一の社会観と経済観
  • 終章 戦時期国土計画論の歴史的役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代都市の成立 : 1920・30年代の大阪
著作者等 芝村 篤樹
書名ヨミ ニホン キンダイ トシ ノ セイリツ : 1920 30ネンダイ ノ オオサカ
書名別名 Nihon kindai toshi no seiritsu
出版元 松籟社
刊行年月 1998.12
ページ数 325, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4879841994
NCID BA39612778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99073576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想