クジラと生きる

小島曠太郎, 江上幹幸 著

インドネシアのバリ島より東に連なる小スンダ列島東端にあるレンバタ島。熱帯の島に暮らすラマレラ村の漁民はプレダンと呼ばれる木造帆船に乗り手投げの銛でマッコウクジラを捕獲している。クジラは食糧ではない。物物交換で経済が成立しているラマレラではクジラは貴重な貨幣である。女たちは頭にカゴを載せ厳しい山道を辿り、海の獲物を山の村に運び、トウモロコシやコメを得る。海の民が命をかけて男女の役割を生きる姿を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 男のくらし(東フローレス地方
  • クジラ漁
  • ラマレラの渡来伝承
  • プレダン組
  • プレダン解剖 ほか)
  • 第2部 女のくらし(ラマレラに向かう道で
  • 女性の仕事
  • 定期市
  • プネタン(行商)
  • 生産のいろいろ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クジラと生きる
著作者等 小島 曠太郎
江上 幹幸
書名ヨミ クジラ ト イキル : ウミ ノ シュリョウ ヤマ ノ コウカン
書名別名 海の狩猟、山の交換
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1999.1
ページ数 290p
大きさ 18cm
ISBN 412101457X
NCID BA39596139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想