日本の経済学と経済学者 : 戦後の研究環境と政策形成

池尾愛子 編

戦後の日本の経済学はどのように発展してきたか。また経済学者の学術研究は経済政策形成とどう関わってきたか。制度的特徴を明らかにするとともに統計データを駆使し、その全容を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦後日本の経済学
  • 第1章 学術研究と国際化
  • 第2章 経済学の学術体制
  • 第3章 経済学者の国際貢献
  • 第4章 マルクス経済学-『講座』・『叢書』にみる軌跡
  • 第5章 経済学者と経済政策
  • 第6章 行政官僚制と経済学
  • 第7章 経済再建から高度成長へ
  • 第8章 対外自由化と「産業構造政策」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の経済学と経済学者 : 戦後の研究環境と政策形成
著作者等 八木 紀一郎
川俣 雅弘
池尾 愛子
美濃口 武雄
西沢 保
赤間 道夫
野口 旭
書名ヨミ ニホン ノ ケイザイガク ト ケイザイガクシャ : センゴ ノ ケンキュウ カンキョウ ト セイサク ケイセイ
書名別名 Nihon no keizaigaku to keizaigakusha
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1999.1
ページ数 347p
大きさ 22cm
ISBN 4818810525
NCID BA39576845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想