思想史のなかの近代経済学 : その思想的・形式的基盤

荒川章義 著

近代経済学は、個々人や社会によって日々なされる経済活動を丹念に観察し、それを形式化することによって成立したのではない。総体的経験から経済現象を切り離す意識、即ち「科学」の成立によってはじめて可能となった。この科学的精神こそ啓蒙の哲学が明らかにした認識のあり方である。-本書は近代経済学の思想的基盤と共に、解析力学から具体的にどのようにしてそれが生成したのかを検証し、その限界も明らかにする試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代経済学をさかのぼる(経済学自身の発見
  • 啓蒙の哲学
  • 方法論的個人主義 ほか)
  • 第2章 近代経済学を創造する(消費者の理論
  • 生産者の理論
  • 完全競争均衡の理論 ほか)
  • 第3章 近代経済学を政治化する(完全競争と独占、独占的競争
  • 理論経済学と政治経済学
  • 生産者の意思決定の分権化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想史のなかの近代経済学 : その思想的・形式的基盤
著作者等 荒川 章義
書名ヨミ シソウシ ノ ナカ ノ キンダイ ケイザイガク : ソノ シソウテキ ケイシキテキ キバン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1999.1
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4121014561
NCID BA39573676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想