海峡に立つ人 : 金達寿の文学と生涯

崔孝先 著

金達寿は、日本人には見えにくい日本人の肖像をのこした。自分の作品を日本人に読んでほしいと彼は思っていた。その見方は、初期の作品「位置」「ごみ」「後裔の街」にどのようにしてつちかわれ、晩年にいたるまでどのように作者自身を同時代の動きの中で支えつづけたか。伝記家崔孝先は、たしかな考証をかさねて、金達寿七十六年の生涯と作品をあとづける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 金達寿文学の三つの流れ
  • 2 初期活動の中から-文学的萌芽から初期作品群まで
  • 3 中期活動の中から-同胞"組織"との関係
  • 4 後期活動の中から-在日朝鮮人作家としての立場
  • 5 在日朝鮮人文学の現状-李恢成、つかこうへい、伊集院静、鷺沢萌、柳美里など

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海峡に立つ人 : 金達寿の文学と生涯
著作者等 崔 孝先
書名ヨミ カイキョウ ニ タツ ヒト : キム タルス ノ ブンガク ト ショウガイ
書名別名 Kaikyo ni tatsu hito
出版元 批評社
刊行年月 1998.12
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 4826502621
NCID BA39538540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99052959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想