自然

伊東俊太郎 著

ギリシア語のphysis、アラビア語のtabia、ラテン語のnatura、ヨーロッパ語のnature、そして中国語の自然-東西の「自然」概念の語義的・思想的比較を通じて、日本語「自然」の複雑多彩な意味の変遷をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ギリシアにおける「自然」(「ピュシス」の意味
  • 「自然」という概念
  • 自然と人間の関係)
  • アラビアにおける「自然」(「タビーア」の意味
  • 「存在の階層」と創造者
  • 神の「刻印」と自然)
  • ヨーロッパにおける「自然」(ローマ世界のナートゥーラ
  • 中世キリスト教の自然観
  • デカルトにおける「機械論的自然像」 ほか)
  • 中国における「自然」(老荘の「自然」
  • 道家の「自然」
  • 「錬金術」と「自然」 ほか)
  • 日本における「自然」(「おのずから」の自然
  • 「自然」の意味するもの
  • 親鸞の「自然法爾」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然
著作者等 伊東 俊太郎
書名ヨミ シゼン
書名別名 Shizen
シリーズ名 一語の辞典
出版元 三省堂
刊行年月 1999.1
ページ数 127p
大きさ 19cm
ISBN 4385422060
NCID BA39527238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99058246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想