ミシェル・フーコー/情熱と受苦

ジェイムズ・ミラー 著 ; 田村俶 ほか訳

「自分自身になれ」というニーチェの言葉に従おうとしたひとりの人間の苦闘の報告書。フーコーはエイズで死ぬことを知りながらゲイ専用のバスハウスに通い、その病いを他の人々にうつそうとした-1987年春に耳にした衝撃的なひとつの噂から著者の探究ははじまる。フーコーの友人たちの証言をも織りこみながら、著述と行動のいりくんだ網目をヴィヴィッドに読み辿ることで、この卓越した思想家のもっとも「独自」で「不隠」な力のありかへ肉迫し、その「哲学的生」を鮮やかに描きだす力作批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 作者の死
  • 第2章 ゴドーを待ちながら
  • 第3章 赤裸の心
  • 第4章 人殺しが行われる城
  • 第5章 迷宮のなかで
  • 第6章 残酷なるべし!
  • 第7章 耐えがたい感覚の術
  • 第8章 知への意志
  • 第9章 闘いのかすかなとどろき
  • 第10章 自己の記述
  • 第11章 ある男の秘密

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシェル・フーコー/情熱と受苦
著作者等 Miller, Jim
田村 俶
Miller James
浅井 千晶
西山 けい子
雲 和子
ミラー ジェイムズ
書名ヨミ ミシェル フーコー ジョウネツ ト ジュク
書名別名 The passion of Michel Foucault
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.12
ページ数 512, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4480842470
NCID BA39472726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想