平泉中尊寺 : 金色堂と経の世界

佐々木邦世 著

古代・中世の東北に燦然と輝く奥州藤原氏の文化。平安美術の宝庫、中尊寺の歴史を斬新な視角から描写する。中尊寺に育った著者が、豊富な知識を縦横に駆使して虚と実を洗い出し、藤原氏とその文化の意味を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「みちのく」点描
  • 『吾妻鏡』にみる中尊寺
  • 「中尊寺供養願文」を読みなおす
  • 新・光堂物語-金色堂
  • 宝浄の世界
  • 神、鎮もる山
  • 「中尊寺史」もう一つの視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平泉中尊寺 : 金色堂と経の世界
著作者等 佐々木 邦世
書名ヨミ ヒライズミ チュウソンジ : コンジキドウ ト キョウ ノ セカイ
書名別名 Hiraizumi chusonji
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 59
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.2
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4642054596
NCID BA39470491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想