日本の社会保障

広井良典 著

少子・高齢化の進行や経済の低成長に伴って、社会保障の今後が問われている。医療、年金、福祉など個別分野ごとの課題を明確にしつつ、その全体像をとらえる必要がある。原理に溯って考えるために歴史的な展開を検証しながら、二一世紀の福祉国家の姿に迫るグローバルな視点を提出し、「公私の役割分担」を中心に、改革の方向性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 福祉国家の生成と展開(福祉国家の歴史的展開
  • 福祉国家の現在-そのモデル・経済との関係・持続可能性)
  • 第2章 日本の社会保障-その軌跡と問題点(日本の社会保障の特徴と評価-経済システムの進化と社会保障
  • 日本の医療・年金・福祉の特徴と問題点)
  • 第3章 社会保障を考える視点(市場と政府-経済学的視点
  • リスク・情報・規範-倫理学的視点 ほか)
  • 第4章 これからの社会保障-理念・選択肢・方向(社会保障とはそもそも何か
  • 社会保障制度改革の選択肢と方向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の社会保障
著作者等 広井 良典
書名ヨミ ニホン ノ シャカイ ホショウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.1
ページ数 214, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4004305985
NCID BA3946946X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想