史料が語る江戸期の社会実相一〇〇話

日本風俗史学会 編

最新の学問成果に基づき、日本風俗史学会が総力を挙げて江戸社会を多方面から照射!暮らしぶりを明らかにし、世のはやりすたりについて究明した時様風俗の研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 支配体制(本当に鎖国だったのか-鎖国の実態
  • 将軍は日本国王でなく大君、天皇は御門(ミカド) ほか)
  • 宗教と暮らし(キリシタン摘発
  • 「切支丹類族早見表」 ほか)
  • 経済と技術(関東地廻り経済の担い手たち
  • 利根川水系の高瀬舟 ほか)
  • 武家の維持(大名の生活
  • 病弱大名たち-領地返上の申し出 ほか)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史料が語る江戸期の社会実相一〇〇話
著作者等 日本風俗史学会
書名ヨミ シリョウ ガ カタル エドキ ノ シャカイ ジッソウ ヒャクワ
出版元 つくばね舎 : 地歴社
刊行年月 1998.11
ページ数 332p
大きさ 21cm
ISBN 4924836303
NCID BA39437270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想