儀礼和歌の研究

八木意知男 著

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序章 儀礼和歌論 / p2
  • 前編 儀礼和歌の諸相
  • 第一章 大嘗会和歌論 / p23
  • 第一節 大嘗会和歌と本文 / p24
  • 第二節 釣する翁-「大嘗会和歌と本文」拾遺- / p63
  • 第三節 催馬楽と大嘗会和歌 / p70
  • 第四節 屏風和歌の景物-大嘗会御屏風和歌と貫之屏風歌- / p88
  • 第五節 「河水清」-大嘗会和歌祥瑞論- / p117
  • 第六節 「そが(承和)菊」(『拾遺集』一一二〇番歌)贅々-仁明帝を仰ぐ- / p122
  • 第二章 近世御会和歌論 / p137
  • 第一節 享保十六年(一七三一)御会始和歌の場合 / p139
  • 第二節 元文六年(一七四一)御会始和歌の場合 / p163
  • 第三節 本院(明正院)七十賀御屏風和歌 / p191
  • 附論 「鳩の杖」「竹の杖」-杖の歌に込めるもの- / p204
  • 第三章 近世御法楽和歌論 / p221
  • 第一節 神詠歌を承けること / p223
  • 第二節 祇園社御法楽和歌 / p245
  • 第三節 柿本社御法楽和歌 / p342
  • 第四節 住吉社御法楽和歌 / p369
  • 第五節 冷泉為村春日社参向 / p403
  • 後編 資料研究
  • 第四章 『年中行事五十番歌合』論 / p427
  • 第一節 『年中行事五十番歌合』と『公事根源』 / p428
  • 第二節 『年中行事五十番歌合』と『江次第鈔』 / p461
  • 第三節 『年中行事和歌』所引『年中行事五十番歌合』 / p474
  • 第五章 『易然集論』 / p489
  • 第一節 『文明易然集』の研究 / p490
  • 第二節 『寛文易然集』の研究 / p513
  • 第三節 和歌と儒学 / p529
  • 第六章 寛延三年桜町院崩御-追慕和歌襍纂- / p545
  • 初出一覧 / p567

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 儀礼和歌の研究
著作者等 八木 意知男
書名ヨミ ギレイ ワカ ノ ケンキュウ
出版元 京都女子大学
刊行年月 1998.9
ページ数 575p
大きさ 22cm
ISBN 4906427308
NCID BA39403745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20003332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想