落語・歌舞伎あわせ鏡

清水一朗 著

落語と歌舞伎の関連性を比較、研究!新発見・新視点から落語・歌舞伎を観る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『仮名手本忠臣蔵』の落語(大序・鶴ケ岡八幡社前の場
  • 二段目・桃井館の場-『芝居風呂』
  • 三段目・足利館の場-『よいよい蕎麦』『紙屑屋』『質屋芝居』
  • 道行旅路の花聟・戸塚山中の場-『七段目』『龍宮界龍の都』『そってん芝居』『猫芝居』 ほか)
  • 第2章 落語・歌舞伎あわせ鏡(菅原伝授手習鑑
  • 義経千本桜-『菅原息子』『猫の忠信』『初音の鼓』『吉野狐』
  • 船弁慶-『船弁慶』
  • 景清-『景清』 ほか)
  • 第3章 歌舞伎化された講談、落語、人情噺(『小猿七之助』-網模様灯籠菊桐
  • 『鬼薊清吉』-小袖曽我薊色縫
  • 『美の吉殺し』-八幡祭小望月賑・名月八幡祭
  • 『村井長庵』-勧善懲悪覗機関 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語・歌舞伎あわせ鏡
著作者等 清水 一朗
書名ヨミ ラクゴ カブキ アワセカガミ
出版元 三一書房
刊行年月 1998.11
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4380983102
NCID BA39401127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想