初めての能・狂言

山崎有一郎 監修 ; 三浦裕子 文

室町時代に完成し、江戸時代に洗練され、明治維新の激動を乗り越え、現代における新たな可能性を秘めた能と狂言、それは日本が世界に誇る古典芸能。読めば、「通」。一目瞭然最適の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ようこそ能・狂言の世界へ
  • 観能にあたっての予備知識
  • ドキュメント演能のすべて 能『大江山』開演前から終演まで
  • 用の美(面は変身の重要な手立て
  • 多種多様な装束・帯
  • 扇の大きな役割)
  • 登場人物でみる能・狂言
  • 能の音楽・狂言の音楽
  • 囃子方インタビュー 若きマエストロたち
  • 自然が魅力の野外能・狂言〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初めての能・狂言
著作者等 三浦 裕子
山崎 有一郎
横浜能楽堂
書名ヨミ ハジメテ ノ ノウ キョウゲン
シリーズ名 能楽入門 1
Shotor library 1
出版元 小学館
刊行年月 1999.1
ページ数 128p
大きさ 21cm
ISBN 4093431132
NCID BA39397198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99057958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想