呪術誕生

岡本太郎 著

大阪万博・太陽の塔に代表される作品群、あるいは「芸術は爆発だ」「グラスの底に頭があってもいいじゃないか」等CMでTVに登場してマスコミを賑わせた岡本太郎とはどういう人物だったのだろう。本巻には、若き日の岡本太郎の時代状況と行動を主に収録する。華やかなパリでの活躍の一方、戦後日本の美術状況、そして常に日本=日本人とは何かを問わずにはいられない青年太郎の息吹が余すところなく活写されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 呪術誕生(呪術誕生
  • 黒い太陽 ほか)
  • パリ回想(パリ回想
  • パリの仲間たち ほか)
  • 自伝抄(対極に遊ぶ男
  • 母の後ろ姿 ほか)
  • 母と私(ユーレイかのこ
  • 童女の呪術 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呪術誕生
著作者等 岡本 太郎
書名ヨミ ジュジュツ タンジョウ
書名別名 Jujutsu tanjo
シリーズ名 岡本太郎の本 / 岡本太郎 著 1
出版元 みすず書房
刊行年月 1998.12
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 4622042568
NCID BA39381937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想