『チビクロさんぽ』の出版は是か非か : 心理学者・学生による電子討論の記録

市川伸一 編

児童文学の古典が、「チビクロさんぽ」として復活。主人公はチビクロという名の子犬。改作者は、「森まりも」氏こと心理学者の守一雄氏。しかし、…「心理学者がみな賛成というわけではない」と、電子メールを使った徹底討論が行われた。企画者は、東京大学教育学部の市川伸一氏。心理学者と学生を中心に賛否両論がとびかった。1か月間の激論を臨場感そのままに編集。読後コメンテーターとして、きたやまおさむ・中山千夏・日垣隆・灘本昌久の諸氏を迎え、巻末に寄稿コメントを収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『チビクロさんぽ』の出版は是か非か : 心理学者・学生による電子討論の記録
著作者等 市川 伸一
書名ヨミ チビクロ サンポ ノ シュッパン ワ ゼ カ ヒ カ : シンリガクシャ ガクセイ ニ ヨル デンシ トウロン ノ キロク
出版元 北大路書房
刊行年月 1998.12
ページ数 241p
大きさ 21cm
ISBN 4762821276
NCID BA39352360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想