問われる科学/技術

岡田 節人;佐藤 文隆;竹内 啓;長尾 真;中村 雄二郎;村上 陽一郎;吉川 弘之【著】

本書は、「科学と技術」や「科学技術」としてではなく、科学や技術を包括的に、すなわち「科学/技術」としてとらえ、自然科学と人文・社会科学の側面から、「科学/技術の進展と人間の新たな関係」という課題を徹底的に論じる。また、最先端の科学/技術の到達点を紹介しながら、それが内包する問題性を、内側と外側から10のテーマに分類し、自然科学系、人文・社会科学系を総合した視点をうちたてるべく構成されたシリーズの第1巻である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論-なぜいま科学/技術なのか
  • 2 エピステーメーとテクネー
  • 3 近代科学のテイクオフと《方法的制覇》-デカルトにおける近代の科学/技術の設定
  • 4 科学の変貌と再定義
  • 5 技術の変貌と再定義
  • 6 制作の回路
  • 7 生物の論理-物質の科学と生命の科学
  • 8 精神の科学は可能か
  • 9 ニュー・サイエンスの問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 問われる科学/技術
著作者等 中村 雄二郎
岡田 節人
吉川 弘之
村上 陽一郎
竹内 啓
長尾 真
佐藤 文隆
書名ヨミ トワレル カガク ギジュツ
シリーズ名 岩波講座科学/技術と人間 / 岡田節人 ほか編 第1巻
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.1
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4000109316
NCID BA39349752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想