源氏物語絵巻の謎を読み解く

三谷邦明, 三田村雅子 著

王朝美術の代表作として知られる国宝源氏物語絵巻は、十二世紀前半、院政時代に完成したという。源氏物語が絵画化される場合、いずれも好まれる場面は決まっていたが、国宝源氏物語絵巻では独自な場面選択がなされていた。原作にはない場面を描き、誰もが口にできなかった当時の白河院のスキャンダルが如実に風刺されていたのである。そのため、完成後は、白河院の宝蔵に深く秘蔵された。絵巻の成立から、江戸・幕末に及ぶ時の権力者との結びつきまで、国宝源氏物語絵巻をめぐる謎に迫る力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 物語絵巻の文法
  • 第2章 源氏物語絵巻の読み方
  • 第3章 源氏物語絵巻成立の背景
  • 第4章 戦国乱世の源氏物語絵
  • 第5章 近世日本の源氏物語
  • 終章 源氏物語絵の神話学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語絵巻の謎を読み解く
著作者等 三田村 雅子
三谷 邦明
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ エマキ ノ ナゾ オ ヨミトク
書名別名 Genji monogatari emaki no nazo o yomitoku
シリーズ名 源氏物語絵巻 302
角川選書 302
出版元 角川書店
刊行年月 1998.12
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 4047033022
NCID BA39335441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想