酒飲みの社会学 : アルコール・ハラスメントを生む構造

清水新二 著

豊富な調査と長年の研究によって、いかに日本の社会が、アルコールと深く関わっているかをわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の飲酒文化(酒と親密な日本の社会
  • 「アルコール依存症」と「飲み助」の境界
  • 体質と性格、そして環境がからみ合って… ほか)
  • 第2章 アルコール依存が家庭と社会にもたらすもの(アルコール医療問題から、アルコール関連問題へ
  • 非日常性への誘惑
  • 中年男性に多い気分転換法としての飲酒 ほか)
  • 第3章 家庭・地域・医療とアルコール依存症からの回復(精神医療におけるアルコール依存症の位置
  • 否認の病気
  • 「治らない」が「回復できる」アルコール依存症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒飲みの社会学 : アルコール・ハラスメントを生む構造
著作者等 清水 新二
書名ヨミ サケノミ ノ シャカイガク : アルコール ハラスメント オ ウム コウゾウ
出版元 素朴社
刊行年月 1998.11
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4915513475
NCID BA3927615X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99048059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想